FC2ブログ

私の人生を変えた一枚のレコード

私が出会った一枚のレコードが転機となり、その後の人生を一変させた。その回顧録を綴ってみたいと思う。(三味線回顧録カテゴリ内) もちろんブログですから日々の出来事も書いていきます。

感謝台湾音楽會ツアーその4

5月11日(金)(2日目)
学生食堂で朝食が食べられるというので行ってみると、格安で学食がゲット出来、読めないメニューを想像しながら台湾餅頼んでみるが、なかなかの味で満足。

学食

そしてお世話になった日本語応用学科の林先生と記念写真。

大学別れ

(高雄観光)
 今晩は嘉義のCafeでライブなのだが、午前中は時間があるので高雄市内の有名観光スポット「蓮池潬」を観光にすることになる。ここに来てやっと台湾らしい風景に遭遇。龍虎搭や春秋閣などの素晴らしい建物に息を呑む。

龍虎塔
 龍の口が入口、虎の口が出口になった龍虎塔は、1976年、春秋閣から約700 メートルのところに建てられた塔だそうで。外観は生き生きと躍動感にあふれ、塔内には龍塔の方に中国人が親孝行の模範と認める「二十四孝子」や悪人が地獄で受ける「閻魔大王審罰刑図」などの絵が、虎塔の方に「十二賢士」や天国の世界を描いた「十殿玉皇大帝三十六宮将図」などの絵が飾られていた。
春秋閣

春秋閣
 春閣、秋閣、同じ大きさのふたつの塔からなる春秋閣は、1951年、武聖、関羽を祭って建てられた。春閣と秋閣の間には、騎龍観音像が立てられ、騎龍観音像には、観音菩薩が雲の間から龍に乗って現れ、信者にその姿の像を現在の位置に立てるよう命じたという伝説があるそうだ。

啓明堂
 龍虎塔から少し北に歩くと、4階建ての立派な中国宮殿様式の建物が見えてきます。啓明堂という廓で、商売繁盛の神様であるとされる関羽を奉っています。啓明堂はこの春秋閣の本殿とされているそうで、春閣と秋閣、騎龍観音像があり、その前を巨大な龍がうねるように横たわっています。

啓明堂②  春秋閣②

その5へ続く
  1. 2012/06/07(木) 23:03:02|
  2. 感謝台湾音楽會レポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<感謝台湾音楽會ツアーその5 | ホーム | 感謝台湾音楽會ツアーその3>>

コメント

img { max-width : 90% ; height : auto;}

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tikuyu.blog.fc2.com/tb.php/18-fd41edd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山本竹勇

Author:山本竹勇
チクユウの回顧録ブログへようこそ!

こちらをクリックして下さい

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

三味線回顧録 (21)
日々の出来事 (229)
レッスンについて (24)
未分類 (0)
コンサートから (104)
感謝台湾音楽會レポ (11)
公演情報 (43)
最近思うこと (19)
海外公演から (9)
ヨーロッパツアーから (0)
日本酒について (16)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR