私の人生を変えた一枚のレコード

私が出会った一枚のレコードが転機となり、その後の人生を一変させた。その回顧録を綴ってみたいと思う。(三味線回顧録カテゴリ内) もちろんブログですから日々の出来事も書いていきます。

三味線じょんから

去る2月24日(土)に蓮田市総合文化会館ハストピアで開催された「冬のコンサート」山本竹勇・津軽三味線の魅力から「三味線じょんから」

ボサマと蔑まれ、差別されてきたその日暮らしの男盲芸人たちが、その日の糧を得るために一軒一軒門付けをして、厳しい風雪に耐えながら生活のための、まさに生きるために弾いた魂の一曲です。唄の伴奏曲ではなく、独奏曲ですが、曲調は切なく哀愁があり、リズムと間がたいへん難しい曲です。高橋竹山の師匠であった戸田重次郎は藤沢のボサマですが、戸田が名人・梅田豊月から習ったと言われています。竹山師はこれに梅田手や旧節のじょんからを入れて編曲していますが、それでも原曲にかなり近い弾き方をしています。この曲も、今では初代・高橋竹山師の流れを汲む、ごく一部の奏者しか正確に弾ける人がいなくなってしまいましたが、この曲こそが本来の津軽の三味線であります。


  1. 2018/03/02(金) 22:34:00|
  2. コンサートから
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中じょんから節 | ホーム | 検査結果>>

コメント

img { max-width : 90% ; height : auto;}

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tikuyu.blog.fc2.com/tb.php/433-63f4010d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山本竹勇

Author:山本竹勇
チクユウの回顧録ブログへようこそ!

こちらをクリックして下さい

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

三味線回顧録 (21)
日々の出来事 (228)
レッスンについて (24)
未分類 (0)
コンサートから (104)
感謝台湾音楽會レポ (11)
公演情報 (43)
最近思うこと (19)
海外公演から (9)
ヨーロッパツアーから (0)
日本酒について (16)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR